SSブログ

COBRA タイム・ドライブ [こ]


COBRA VOL.6―Space adventure タイム・ドライブ (ジャンプコミックスデラックス)

COBRA VOL.6―Space adventure タイム・ドライブ (ジャンプコミックスデラックス)

  • 作者: 寺沢 武一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: コミック




週刊少年ジャンプでの不定期連載分は全18巻で終わり、掲載誌を変えて「聖なる騎士伝説」を連載
更にその後オールカラーで連載?されたもの 描き下ろしかな 
この頃漫画から一時遠退いており外国産クワガタの累代飼育に嵌りまくってた頃だからわからん・・・

内容はコブラの相棒のアーマロイドレディに関するストーリー

レディは週刊ジャンプでの最終エピソード:六人の勇者編の最後でアーシュラとの戦いで電子頭脳を狂わせる電磁波が全く効かなかったことからアンドロイドやロボットでない人間であることが示唆されていた

明確に語られていなかったのとアーリマンとアフラマヅダの力の完全な拮抗状態の世界でレディは生身になっていたが無機物が生物に変わった世界だったんでそれがレディの過去の姿なのかわかんなかったしね

このタイム・ ドライブではレディの過去が語られている

レディの存在そのものが虚ろになったことからコブラは原因を探るため時の宮殿を訪れレディの時間に潜るタイム・ダイブを依頼

仕事を請け負うシェラザードと共にコブラもレディの時間に潜り、レディが生身だった頃に撃たれた傷により死を前にしてライブメタルへの同化した時を見る

更にコブラがレディと出会った(発見した)時まで深く潜ったところで逆巻く時間の流れが生じ、今回の原因がそこあると進んだコブラは当時の過去に飛ばされる


ちょうど20年前 ベルルの帝位にギロス王が即位する日の城

そこにはレディと出会うことになる20年前の自分もギロスの宝物を狙って忍びこんでいた

即位の祝いの演舞にまぎれてギロス王の暗殺にきたサンボーン公国の姫エメラルダ(後のレディ)だが不死身のギロス、用心棒の魔二童を前に失敗

ギロス配下の魔道科学士:奴婆に身体を作り変えられそうになるが現在のコブラに助けだされ一緒に城を脱出

宝物庫に忍びこんだ過去のコブラは魔二童に追われるがサイコガンで腹に風穴を開けて吹き飛ばし、魔二童に傷を受けたこともあり城を脱出

双方のコブラにはギロスより追手が放たれる

コブラとエメラルダをかくまった酒場は全員が殺される エメラルダに過去の自分の元に行くよう指示し自身は追手を引き受ける

過去のコブラはギロスの力により再生した魔二童と再度戦うがサイコガンの軌道が変えられるを知らず再び退ける。今度は頭を吹き飛ばしたためギロスの力でも再生は適わず

町から逃げたエメラルダは魔剣鍛冶のミズナからギロスを倒す鍵となる剣を受け取り、サンボーン公国に伝わるブラックホールダイアモンドの力で刺青に変える
その直後にコブラを寄せる餌として宝物庫に囚われることに

忍びこんだ過去のコブラがエメラルダに気を取られている隙を突くギロスだが 更にその隙を付いて窓より現在のコブラが頭を打ち抜く

不死身のギロスに対して更にエメラルダの宝石ブラックホールダイアモンドの力を解放しギロスの身体はブラックホールに飲みこまれる

そこまで過去の世界を経験したのちタイム・ダイブから救出されたコブラはレディの異変の原因を察する

時の宮殿からかき消えたレディだがその場所が分かってるコブラはギロスを飲みこんだ小型ブラックホールの元へ向かう

ブラックホールに飛び込んだコブラは中にある城の宝物庫に向かい、仕掛けられた帰巣装置を破壊

そこで待っていたギロスだが 生身に戻ったレディが魔剣を刺青から解放することで倒すことに成功

ブラックホールからの帰還でコブラもレディも20年前の姿から現在の姿に戻って終了

このA版のカラーコミックシリーズは過去のコブラの話を着色したものとギャラクシーナイツやこの巻のように新作が混在していた


そういやコブラに続いてレディのFigama?が出るようなんで楽しみだ
前に2chまとめサイトで読んだコブラに扮して免許の更新に行ったり 琵琶湖のミシガンに乗るレポートがあったが面白かったなあ


このタイム・ドライブは今はメディアファクトリーよりMFコミックスとしてCOBRA タイム・ドライブ (MFコミックス)発売している



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。